たまゆら~ブログ

私が旅で撮った写真などを、その時の話を交えつつ紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある雨の日の万世橋の撮影記

たまゆらクラスタの方で、竹原への旅行記を読みたい方は、↓下記リンクへどうぞ。
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その1


今回は、「#秋葉原フォトコンテスト」にアップした写真の作成方法を紹介したいと思います。
機材は、ニコンD800、35mmF1.4、三脚(GitzoGT3541LS + ArcaSwissZ1)とニコンのレインカバーとレリーズを使っています。

小雨が降っていたので、走っている電車をいれ小雨で少し寂しげな感じをいれ、
灯篭を生かしてレトロでサイバーな電脳の雰囲気を出そうと決めました。
橋の右側は水平が出るように。
そして、中央と右の灯篭の間に道路の光が逆三角形中央に入るように調整し、
左右の灯篭が写真の右端と左端からだいたい等間隔になるように調整しました。


まず、ノイズを抑えるため、ISO100の設定、
カメラ+レンズで解像力の高いF8パンフォーカスで撮影します。
ISO100 F8 1秒 35mm
まず基準となる写真を撮影。これはRAW撮ってだしです。
まずスローシャッター気味に連射し、電車が走り過ぎる瞬間を捕らえます。
これだけでもかなり綺麗な写真として映ってくれていますが、
灯篭の光が白とびしているのと、雨が映っていないのがわかります。

まず、灯篭の光の白とびを防ぐため、
この基準の写真を元に露光量を変えた写真を撮っていきます。

2.jpg
ISO100 F8 1/25秒 35mm

3.jpg
ISO100 F8 1/10秒 35mm

4.jpg
ISO100 F8 1/5秒 35mm

5.jpg
ISO100 F8 1/2秒 35mm

6.jpg
ISO100 F8 1秒 35mm

7.jpg
ISO100 F8 2.5秒 35mm
これで、灯篭の白とび防止ための撮影は完了しました。

14.jpg
そして雨を残す写真を撮影します。
雨の撮影には上記の画像たちよりも高速なシャッタースピードが必要です。
ノイズを抑えるためにはF1.4で撮影したいですが、
そうすると被写界深度が浅すぎ雨がピントのあった範囲しか写りません。
ここはノイズは気にせず、F4まで絞り、雨のピントが合う範囲をあげます。
ISO6400 F4 1/60秒で撮影したところ、いい雨と傘を持った男性の背中がいい位置に入ってくれました。
これで、元となる写真はそろいました。次にデジタル現像作業に入ります。

まず、HDRと呼ばれる技術を使います。

HDRとは…
センサー性能により、カメラで捉えられる白色から黒色への幅の範囲は限られています。
明るく映そうとすると、白とび(明るいところが真っ白に写ってしまうこと)が発生し、
暗く映そうとすると、黒つぶれ(暗いところが真っ黒に写ってしまうこと)が発生します。
特に明暗差が激しい場所ではどちらかの現象は必ず起きてしまいます。
今回の場合は、灯篭のところで、白とびが発生していました。

HDRとは、「ハイダイナミックレンジ合成」のことで、
暗く撮影した写真から明るく撮影した写真を 専用のソフトを使って合成してやるとこの現象を防ぎながら、
明るいところにも、暗いところにもきっちり色が載った状態を作ることができます。これが「HDR」という技術です。

このHDRを出力してくれるするソフトは何種類かあり、
「Photoshop」も有名ですが、Photoshopの作成するHDRはどれも不自然な気がしています。
そこで、私は「PhotomatixPro4」を愛用しています。
(多少のブレも補正してくれ、派手すぎない写真を設定によって出力してくれるため)

8.jpg
それでは作業に入ります。
雨写真以外の7枚を使い、PhotomatixPro4を使い、
HDR「Enhancer-Default」「Enhancer-Paintry」「Fusion-Adjusted」の設定を微調整して、3枚のHDRを作成します。

できた結果の写真がこれらです。
9.jpg
「Enhancer-Default」

10.jpg
「Enhancer-Paintry」

11.jpg
「Fusion-Adjusted」

「Enhancer-Default」は白色から黒色までだいたい平均的な色合いを出してくれ
「Enhancer-Paintry」はコクの入った感じの写真となり、
「Fusion-Adjusted」はやや白側の強い派手めの色合いとなりました。
なんだか、HDRの写真は派手だけど不自然だなと思うかもしれませんが、ここからが本番です。

12.jpg
Photoshopで3枚の写真を開き、下地となる写真を作成します。
レイヤーを重ね、不透明度を調整することで、自然な感じの色合いに調整していきます。
まずほんの少しだけ灯篭を白とびさせた感じに調整しました。

次に左下の車の部分が、複数枚合成しているので、おかしな感じに映ってるのを修正します。

13.jpg
下地となる写真に、レイヤーを重ね左下の部分にISO100 F8 1秒で撮った車の静止している画像を合成します。
ちまちま透明度の高めな消しゴムツールで消していって合成して不自然さがないように重ね、
また、車の色合いと、下地となる写真の色合いが合うように、トーンカーブで調整します。
また、電車の部分が下地写真では色が薄くなってしまっているため、(HDRの作業時に1/7になった)ため、
ISO100 F8 1秒で撮った写真からちまちま明るさを微調整しつつ合成してやります。

14.jpg
次に例の雨の写真のレイヤーを重ねます。
ISO6400で撮影しているので、Photoshopのノイズリダクションをかけてあげます。
(ただし雨のディティールが失われないように強くかけすぎないに注意しました。)
これにより、ノイズ感はかなり下がります。
この写真では、見て判るとおり、灯篭や、看板の部分は激しく白とびしているので、使いません。
ちまちま透明度高めの消しゴムツールや選択ツールを使って消します。おいしいところだけ使います。

15.jpg
これが残ったおいしい部分です。これを下地画像と透明度を調整しつつ重ねてあげます。

16.jpg
すると重ねた結果はこうなりました。だいぶいい感じになってきました。
しかし、一部分は明るすぎたり暗すぎたりします。
右上部分や中央の灯篭の左上の部分などは、
消しゴムツールや透明度調整では限界があり、
少し明るさが不均衡で不自然です。「私、気になります!」

17.jpg
こういったところは、NikViveza2という範囲の明るさやコントラストを微調整するPhotoshopのプラグインや、
Photoshopの焼きこみツールや、覆い焼きツールで調整してやります。
だいたい調整した感じだと、良い感じになってきました。
しかし、このままでは少し色合いが派手すぎ、ちょっとさびしげな感じにはなっていません。
そこで、いくつかのフィルターを使います。
NikColorEfexPro4というPhotoshopのプラグインを使い、「ダークコントラスト」と「クラシカルソフトフォーカス」というフィルターをかけます。

18.jpg
ダークコントラストでは、このような少しダークな感じの画像を生成してくれます。

19.jpg
クラシカルソフトフォーカスでは、ふんわりとした柔らかい光を作ってくれます。
(ソフトフィルターのような効果)
しかしこれらの画像もそのまま使うと不自然なので、これまでつくってきた画像の上にレイヤーとして重ねます。

20.jpg
そして、クラシカルソフトフォーカスと、ダークコントラストの透明度を調整していきます。
これにより、少し寂しげながらも柔らかい光の写真が表現できました。
あとは、レイヤーを結合しトーンカーブで微調整したり、不自然な部分を微調整したり、
「万世橋」のロゴのところを少し明るくしたりして完成です。

なお、アップするときに、横1024に画像を縮小した後は、ぼけたような画像に見えないようにするため、
Photoshopのアンシャープマスクをかけてあげます。

21.jpg
これが「#秋葉原フォトコンテスト」にアップした完成画像です。
横1920の大きい画像はGANREFにアップしています。

スポンサーサイト
  1. 2012/11/15(木) 01:36:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期 お気に入り写真編

この記事は自分のお気に入り写真を表示しています。
また、基本的に撮影許可が取れていない人は顔をぼかしてあります。

旅行記を読みたい方は、パート1からどうぞ↓
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その1
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その2
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その3
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その4
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その5
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その6
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その7
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その8


DSC_3798s.jpg
始発の夜明け前の新幹線のてかりがとてもきれいだったので!

DSC_3818.jpg
おかえりなさい の文字に出会えたので!

DSC_3830.jpg
撮影を喜んで受けてくれてとてもいい笑顔だったので!

DSC_3854.jpg
たまゆらーが集結すると賽銭も増えるのを女の子たちが確認したので!

DSC_4056.jpg
迫力ある構図と高さだったので!

DSC_4065.jpg
今にも落ちそうな構図でちょっと見たら怖いので!

DSC_4139_40_41_42_43_tonemappeds.jpg
三脚を長時間展開できて、イメージどおりの完璧な写真に仕上がったので!

DSC_4241.jpg
赤と黄色の織り成す光がきれいなので!

DSC_4266.jpg
一番この路にきたかったので!

DSC_4310_1_2_3_4_5_tonemappeds.jpg
こちらもかなりイメージどおりに撮れたので!

DSC_4262.jpg
味わい深い質感に仕上がっているので!
(空気感が伝わってきます)

DSC_4309s.jpg
雨にぬれた石畳が竹灯りに照らされてまるでたまゆらの世界なので!

DSC_4334.jpg
ももねこ様を見つけたぽってちゃんなので!

DSC_4338.jpg
夜のももねこ様が竹灯りに照らされて神々しいいので!

DSC_4367s.jpg
福山城を望遠レンズできれいにパノラマ加工できたので!

DSC_4385s.jpg
新幹線から首が出た瞬間がちょっとシュールなので!

DSC_4403s.jpg
ももねこ様をLEDライトで照らしたら、とても綺麗で、今回の旅がとてもいい思い出になったということをかんじたので!
  1. 2012/10/29(月) 05:36:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その8

DSC_4329.jpg
夜の帰路につきます。
レンズがぬれて光がえらいことになってますね^^;

DSC_4330.jpg
道の駅たけはらの夜の輝き。
緑色の装飾がきれいですね。

DSC_4332.jpg
憩う家でオフ会が開かれていました。
かなり皆テンションが高かったようですね^^

DSC_4334.jpg
そしてももねこ様を発見して撮影するぽってちゃんがここに。
頭の中で「ももねこさま~ぁ」という声が聞こえてきそうです。

DSC_4338.jpg
夜の竹灯りに照らされるももねこ様。
これも年にこの時期だけなので貴重な写真じゃないでしょうか^^*

DSC_4340.jpg
そして竹原駅へ。

DSC_4341.jpg
乗り遅れて一時間待ち(22時14分発終電に)!!

DSC_4343.jpg
気を取り直して、夜のおかえりなさいも撮影^^
この時間ができたことが良かったですね。

DSC_4349.jpg
そして、呉電の終電が竹原駅に到着します。
レールを照らし出す光に寂しさをかんじます。

DSC_4354.jpg
福山で一泊することにしていたので、福山に24時ごろに到着。
夜の福山城を撮影。
さすがにもう足が腫れまくりで、三脚を出す元気がなかったので、高感度撮影。

DSC_4357.jpg
そして、いろいろな想い出の品です。
たけはら回報、黄色の傘、ローライ35S、想い出の紙袋、物販で買った品々…
みんな大切な思い出なので!

DSC_4375.jpg
次の日、福山から東京へ向かいます。

DSC_4367s.jpg

ホームから望遠で撮った4枚をパノラマ合成してみました。
なかなかいい感じの紅葉が混じっていてきれいでした^^

DSC_4385s.jpg
新幹線を望遠で撮ったら、首がにゅっと出てくる瞬間でちょっとシュールでした。

DSC_4389.jpg
反対側のホームにはもっとすごい望遠を持った人がいました。
あれは伝説の主砲Lレンズではないですか!

DSC_4390.jpg
そして、のぞみ号で東京への帰路へ。
これで旅も終わりです。

DSC_4403s.jpg
帰宅後、LEDライトテーブルにももねこ様を載せて撮ってみたので!
これまたきれいでとてもいい写真になりました^^
とっても、いい思い出の品になりそうです。


町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その1
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その2
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その3
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その4
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その5
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その6
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その7
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その8
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期 お気に入り写真編
  1. 2012/10/29(月) 05:30:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その7

DSC_4123.jpg
たまゆらのお好み焼き屋のモデルになったお店(ほり川)はとても混んでいた。

DSC_4124.jpg
ちょうちんがまたいい味を出している。

DSC_4126.jpg
竹灯りに照らされる人物もまた綺麗だ。

DSC_4139_40_41_42_43_tonemappeds.jpg
そして、本気撮りの一枚。
人間が前を通らなくて、三脚を完全に建てられたので
とても良い結果が出ました^^
お気に入りの一枚ですね。

DSC_4146.jpg
竹細工のところへと続く道。

DSC_4155.jpg
趣向を凝らした竹の削り方の数々。
竹の町ということを再認識しますね。
たまゆらとも彫ってあります。

DSC_4176.jpg
ハートをくぐるといいことあるかも?ということで、
ハートをくぐっていく人がたくさん。

DSC_4185.jpg
中にはハート型の竹灯りで囲まれた素敵空間が。

DSC_4198.jpg
左に書かれていますが、「マリアージュ」という結婚支援、
結婚の幸せを願う団体が作ったようです。
ハートの中で写真を撮れば幸せが訪れるようで、
次々と皆さんが挑戦していました。

DSC_4206.jpg
マリアージュの場所は細部もこだわっていて、
周辺の竹灯りも妥協がなくきれいでした。

DSC_4227s.jpg
シルエットの光がとても綺麗な一枚。
髪の毛の動き、透明のかさの動きが幻想的なシルエットを作っています。
これもお気に入りの一枚です。

DSC_4232.jpg
竹楽の文字と子供をつれたお母さん。
いいことありそうですね。

DSC_4234.jpg
ここは小学生たちが作ったエリアで、
色々な将来なりたいものを書いています。
スポーツ選手、家族を大事にする、計算を上手になりたい、と
現実的なものから、優しい願いまで色々なものが含まれていますね^^

DSC_4237.jpg
このエリアの光は赤と黄色をちりばめたもの。

DSC_4241.jpg
空き場所ができたので、本気撮り。
幻想的な赤と黄色の色が素敵な光を生み出しています。

DSC_4243.jpg
ここもとても人が多く、皆がカメラで撮影をしていました^^

DSC_4248.jpg
人が途切れることがなかったですが、全体の雰囲気はこんな感じでした。

DSC_4254.jpg
願いに包まれつつも時間的にそろそろ帰りださないといけないことに。
名残おしいですね。

DSC_4256.jpg
茶屋ゆかり。ここもたまゆらの舞台になっただけに、大人気でした。

DSC_4262.jpg
夜に色々な焼き物を売っていた店です。
小雨の中、おいしそうなにおいが漂っていました。
この写真も非常にいい質感が出ていますね。

DSC_4266.jpg
そしてアニメにも出てきた「憧憬の道」の本物がこれです。
竹の灯りと竹に囲まれた電球が道を照らし出しています。
この下を通ればきっとぽってたちのように、幸せと希望が手に入ることでしょう^^*

DSC_4269.jpg
憧憬の道の横にはこのような竹細工が。雨にぬれた質感が綺麗です。

DSC_4270.jpg
憧憬の道の入り口付近

DSC_4284.jpg
憧憬の道の出口付近の竹細工。細かい形に彩られています。

DSC_4287.jpg
そして憧憬の道の出口へ。ちょっと狭い路地が、
竹原観光もそろそろ終わりかーとさびしい気分を思い起こさせます。

DSC_4293.jpg
小雨で石の路地が綺麗に光だしました。

DSC_4298.jpgth="1024" height="683" />
竹の灯りがとても綺麗です。

DSC_4309s.jpg
そして人通りの少ない綺麗な路地を発見したので、
撮ってみたところ、アニメに出てきたような、
とても幻想的な綺麗な路地が撮れました。
これが今回の写真の中では一番良いのではないでしょうか^^

DSC_4310_1_2_3_4_5_tonemappeds.jpg
こちらは雨にぬれた路面を照らす竹灯りです。
こちらもこちらで幻想的で綺麗ですね。

DSC_4320.jpg
雨にぬれてきれいな石畳の日本庭園

DSC_4323.jpg
これまたたまゆらに圧されてますがゆるキャラの「かぐやパンダ」です。
竹原はかぐや姫のゆかりの地なのでこういうゆるキャラになったのでしょう^^
萌えも大事ですが、ゆるいのも大事ですね。

DSC_4324.jpg
そして雨にぬれた路地を帰路につきます。
もっと本気で撮りたかったですが、やはり時間とタイミングがあんまりありませんでした><

DSC_4325.jpg
こちらは松坂邸。たけはらの文字が光っています。

DSC_4328.jpg
そして旧葛西邸前まで戻ってきました。
憧憬の道にさよならです。
とてもきれいだったので、来年もまたきたいですね^^

次はパート8 帰宅編です。

町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その1
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その2
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その3
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その4
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その5
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その6
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その8
  1. 2012/10/29(月) 05:15:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その6

DSC_4015.jpg
西方寺の階段は結構急だ。
階段の数も多く、10キロ近くの機材をしょっていた自分にはかなりきつかった><

DSC_4037.jpg
西方寺の鐘。
夜になる前に三回ほど鳴らされていた。

DSC_4045.jpg
鐘付近から見た街並み。

DSC_4052.jpg
西方寺の本堂のほうから見あげると、
ぽってたちが登っている場所は更に上のほうにある。
がけの上にそびえたっているような場所にあるのが見あげるとちょっと迫力がある。

DSC_4056.jpg
少し紅葉がはじまった葉が印象的ですね。
ぽってたちが作中でよくいるあの場所がここです。

DSC_4065.jpg
登ったところから、見下ろしてみる。
案外安全なところから撮ったつもりだったが、
何か見てるだけで落ちそうなとても怖い写真になってしまった。

DSC_4069.jpg
上まで登ると、竹原の街並みが山から海まですべて見渡せる。
ここに良く登りたくなる気持ちも判る気がする。
天気のいい日だと写真ももっと綺麗に写っただろうなーとか
そこはちょっと残念だった。

DSC_4085.jpg
西方寺の祈願ルール。
200円と決まっているようだ。
なぜかミッキーのコップが使われているのがなぞだ。

DSC_4088.jpg
西方寺に登ってくる人たち。
階段が結構急なのがやはり判る。

DSC_4091.jpg
いろいろ上を眺めていると、折鶴のようなものも。
どのような願いがこめられているのでしょうか。

DSC_4095.jpg
西方寺に御参りに来たカップル。
ちゃんとルールを守って御参りをしていました。
きっとご利益があるでしょう^^*

DSC_4097.jpg
西方寺から見下ろすと、竹灯りのライトアップがはじまりはじめたようだ。
聖地巡礼はそろそろ諦めて、メインイベントの「憧憬の路」を撮りにいく計画にした。
いい写真が撮れるといいな…と思った。

DSC_4104.jpg
夜になる少し前、ブルーアワー(空や町が青く見える時間帯)がはじまる。

DSC_4108.jpg
西方寺のライトアップも和風で綺麗だ。
右側に反射した光の質感がとても綺麗です。

DSC_4111.jpg
ブルーアワーになって見下ろしてみると、
憧憬の路のライトアップと、街並みの夜景と両方の光が一望できる。
とてもいい眺めだった。

DSC_4112.jpg
ブルーアワーの終わりのころ、西方寺をそろそろ降りることした。
なかなか居心地のいい場所だった。
(蚊はちょっと多かったのですがw)

DSC_4120.jpg
憧憬の路のライトアップがはじまっていたので下からも撮影してみる。
人ののぼりおりが多すぎて、なかなかライトアップ全体はとらえられませんでした。
ちょっと残念でしたね。

次はパート7 憧憬の路編に続きます。

町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その1
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その2
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その3
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その4
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その5
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その7
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その8
  1. 2012/10/29(月) 04:45:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:shun Twitter:@shun_photo
FC2ブログへようこそ!

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)

Amazon

Powered by fun9.net

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。