たまゆら~ブログ

私が旅で撮った写真などを、その時の話を交えつつ紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その5

DSC_3929.jpg
DSC_3931.jpg
聖地巡礼で新港橋に向かっていたところ、途中に神社があった。
小さいが歴史のある出雲神社という神社のようだ。

DSC_3930.jpg
道の駅たけはらが見える。
その前にある橋が「新港橋」だ。

DSC_3933.jpg
新港橋から見た光景。
まさに10話にでてきた背景のとおりの光景だった。

DSC_3934.jpg
その近くには竹の子の形をした車留めも。
アニメではここにももねこ様がからみついていた^^

DSC_3936.jpg
全景はこんな感じ。
実物は4つあったんですね。

DSC_3938.jpg
そもそも何の場所なんだろうと思ったところ、奥には「山陽」という人の業績を語る像が建てられていた。


DSC_3942.jpg
その後、住吉神社にも向かう。
味のある神社だ。

DSC_3944.jpg
この横の竹のところがアニメに登場したシーンだ。
一応、先人がもう撮影しているのだが、
やっぱり撮影しておくw

DSC_3951.jpg
ちょっと歩いていると麻音たんのレイヤーさんとポトレ撮影をしている人がいました。
こういった光景が見られるのって、秋葉原以外だと珍しい気もしますね。
たまゆらの制服は普通の制服なので、違和感があまりないというのもいいところですね^^

DSC_3954.jpg
次は日の丸写真館(現在は旧日の丸写真館で、写真館は別の場所に移転済み)に到着。

DSC_3956.jpg
味のある建物だ。
もちろんD800で写真を撮りながら、ローライ35Sでも撮影をした。
撮影していたところ、ほぼ同じ場所でローライ35Sを使っている人がいた。
やはり、今日の竹原は、ローライ使いが日本一多くなってるんじゃないかな?とか
考えてみたりしていた^^

DSC_3964.jpg
町並み保存地区のほうに移動してきた。
ももねこさま帽子をかぶっているお姉さんに、
子供が「ももねこ様おるよー!」と感激していて、
お姉さんが照れていた。
さすがに思いっきり喜ばれるとうれしかったようだ。

DSC_3968.jpg
ちょっと上を見上げると、犬(わんわんお)が
こちらを見ていた。人間が普段よりかなり多いので、気になるのかもしれない。
気になるお!

DSC_3970.jpg
小さいだるまたちが整然と並んでいた。
顔がそれぞれ違っていて、ちょっと味がある。

DSC_3971.jpg
次は地蔵堂に移動。

DSC_3972.jpg
地蔵堂のおくには、目立たない地蔵たちが。
こっちのほうにも御参りをしておく。
なんだか後利益がありそうだ。

DSC_3977.jpg
だんご屋には痛チャリできた人がいた。
mixiで竹原までくることを宣言していた人のようだ。
しっかり撮影させてもらった^^
だんご屋では、小学生の子が看板娘をやっていて、
だんごを売っていた。買わざるを得ない。

DSC_3978.jpg
次は旧葛西邸に向かう。
無料公開ということで、たくさんのたまゆらファンが詰め掛けて、
靴の数がすごいことになっている。

DSC_3980.jpg
入って奥には日本庭園が見える。

DSC_3981.jpg
2階に上がると床の木の音がぎーぎーとなっていて、
ちょっと危なっかしい。
これだけの人数がいるとちょっと危ないんじゃないかと不安になったりした。

DSC_3988.jpg
琴も飾ってあった。外人がこれをみてハイテンションになっていた。
「ワフウダイスキ!」とありがちなせりふを言っていてちょっと面白かった。

DSC_3990.jpg
2階にはたまゆらのノートが置いてあって来訪した人たちが思い思いのメッセージを書いている。
遠くから来ている人がかなり多い。
「たまゆら」というアニメは一度はまると、
心の絆がいつまでも続く優しいアニメなので、
たとえ遠くでも来たいと思う気持ちになれるアニメだと再認識しました^^


DSC_3994.jpg
ポスターや設定資料集も飾ってあった。


DSC_3997.jpg
横には等身大の着物を着飾った楓ちゃんが。
これは可愛い。お持ち帰りしたい。


DSC_4000.jpg
OVAの設定資料集とノートがこちらにも置いてあった。

DSC_4003.jpg
もういっかい外を眺めてみた。
やはり、とても良い眺めの場所だった。

DSC_4012.jpg
外に出ると、雨を防ぐために7話のてるてる坊主が飾られていた。
「イベントが晴れますように!」の想いがひしひしと伝わってくる。

続きはパート6 西方寺編に続く。


町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その1
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その2
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その3
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その4
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その6
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その7
町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その8
スポンサーサイト
  1. 2012/10/29(月) 04:22:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その6 | ホーム | 町並み竹灯り~たけはら憧憬の路~ たまゆらーの竹原来訪期その4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamayurar.blog.fc2.com/tb.php/5-1ba69ebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

shun

Author:shun Twitter:@shun_photo
FC2ブログへようこそ!

カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)

Amazon

Powered by fun9.net

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。